M&Aニュース検索

鬼怒川ゴム工業に日本政策投資銀行がTOBを実施 非上場へ

  • 2
  • 2016年3月15日

自動車用部品製造を手掛ける鬼怒川ゴム工業【5196】は、日本政策投資銀行(以下「DBJ」)が平成28年1月に設立したVGホールディングス第一号が、鬼怒川ゴム工業にTOB(公開買付け)を実施すると発表した。鬼怒川ゴム工業は今回の公開買付けに賛同の意見を表明している。

DBJグループは、VG投資プログラムを通じて、資金面、人材面、ネットワーク面、ノウハウ面等において多面的にサポートすることによって、鬼怒川ゴム工業の中長期的な企業価値向上に貢献することが可能であると考え、本取引に関する本格的な検討を開始したもの。

今後、大株主の日産自動車や東洋ゴム工業が株式売却に応じ、鬼怒川ゴムは上場廃止となる見通し。

買い付け価格は、普通株式1株につき金780円。買付代金は52,625百万円を予定している。