M&Aニュース検索

ヒビノ、エレクトリを子会社化 収益基盤強化へ

  • 2
  • 2016年3月11日

業務用音響機器の販売等のヒビノ【2469】は、エレクトリの全株式を取得し子会社化すると発表した。なお、取得価額は180百万円。

ヒビノグループは、プロ用AV&ITのトータル・ソリュー ション企業として、音響機器販売、映像製品の開発・製造・販売、コンサート・イベントの音響・ 映像サービスを主な事業としている。

一方のエレクトリ社は、業務用音響・映像及び制御機器ならびに家庭用ハイエンドオーディオ機 器の輸入販売を手掛け、複数の有力ブランドの輸入総代理権を有している。

今回、エレクトリ社を連結子会社化することにより、ヒビノグループの商品戦略の幅を広げ、今後成長が見込めるAV設備市場における事業強化、顧客への提案力強化を図る。また、両社の商品を融合させることで音響・映像をはじめ、互いの商品ブランド価値の向上とさらなるマーケットシェア拡大につながるとしており、営業力ならびに収益基盤を一層強化していく考え。