M&Aニュース検索

産業革新機構、宇宙ゴミ除去サービス会社の第三者割当増資を引き受けへ

  • 31
  • 2016年3月14日

産業革新機構(以下「INCJ」)は、スペース・デブリ(宇宙ゴミ)除去技術の開発およびサービスを提供するASTROSCALE PTE. LTD.(以下「ASTROSCALE」)の第三者割当増資を引き受け、約3,417百万円(30百万米ドル)を上限とする出資を行うと発表した。

ASTROSCALEは様々な大きさのスペース・デブリに対応でき、かつ低コストな除去技術を考案し、実用性の高いデブリ除去サービスをグローバルに提供する事を目指すベンチャー企業で、日本の多くの中小企業や大学と密接に連携し、デブリ除去の技術開発や製造に取り組んでいる。

INCJは本投資を通じて、ASTROSCALEの技術開発、実証およびビジネスモデルの構築を支援し、宇宙産業発展の大きなボトルネックとなりつつある、スペース・デブリ問題の解決に寄与する考え。