M&Aニュース検索

4005

住友化学、積水化学工業および産業革新機構とポリオレフィンフィルム事業の新会社を設立へ

  • 4
  • 2016年3月11日

大手総合化学メーカーの住友化学【4005】、積水化学工業【4204】、および産業革新機構(以下「INCJ」)は、3社で設立する新会社の下、住友化学、積水化学のそれぞれの子会社でポリオレフィンフィルム事業を行うサーモと積水フィルムを経営統合することについて、契約を締結した。

契約に基づき、3社が出資する新会社、住化積水フィ ルムホールディングスに、サーモと積水フィルムの全ての発行済株式が譲渡される。また、新会社には住友化学、積水化学およびINCJを割当先とする第三者割当増資に より成長資金が投入される予定。

新会社は、サーモと積水フィルムがお互いに有するフィルムの製品開発・製造技術を統合し、市場ニーズに合わせてスピーディーな新製品開発が可能な体制を確立する。そこに住友化学が強みを持つ材料技術と積水化学が強みを持つマーケティング力を組み合わせる ことで、高付加価値製品分野での競争力を強化するとしている。

今回の経営統合では、ホールディングス体制を採ることで、サーモと積水フィルムがそれぞれに有する強みと現行の事業形態を保持しつつ、機能統合によるシナジー発揮を目指すもの。