M&Aニュース検索

2321

ソフトフロント、筆まめを子会社化へ 事業展開加速

  • 9
  • 2016年3月7日

ソフトウエアの製品開発や受託開発を手掛けるソフトフロント【2321】は、デジタル郵便事業等の強化を目的に、筆まめ(以下「筆まめ社」)の全ての株式を取得し、子会社化することに関する基本合意書を、同社株主との間で締結することを決議したと発表した。なお、株式の取得価額は680百万円。

筆まめ社は使い勝手の良さで定評があり、圧倒的なブランド力を持つはがき・住所録ソフト「筆まめ」を中心とする一般コンシューマ向けソフトウェア製品を提供しており、現在その市場シェアは50.7%となっており、同分野で長年に渡 り蓄積したノウハウ及び実績を有している。

一方、ソフトフロントは郵便のデジタル化においては既にソフトフロントの関連会社であるデジタルポストが提供する電子郵便関連サービスにおけるソフトウェア開発を4年以上手掛けており、郵便の印刷・郵送事業のクラウド・サービス化のノウハウを活用して、筆まめ社との事業シ ナジーによりソフトフロントの事業価値拡大に資するとしている。