M&Aニュース検索

日本工営、英国の建築設計会社を買収へ

  • 6
  • 2016年3月4日

建設技術コンサルティングの日本工営【1954】は、英国のBDP Holdings Limited社(以下「BDP社」)の発行済みおよび発行予定普通株式を現金にて取得し、完全子会社化すると発表した。買収価額は、約163.5億円を予定。

BDP社は、1961年に設立された売上規模が現在英国第2位の建築設計会社で、歴史的建造物の改修、鉄道駅舎の改修、景観設計、教育施 設や医療施設の計画・設計に定評がある。本件買収は友好的なものであり、BDP社の取締役会は、全会一致で賛同している。

日本工営グループは、建築・構造設計分野の実績と技術・人的資源を擁する企業との買収を含めた提携を模索してきたが、今回BDP社と株式譲渡契約を締結するに至った。

本件買収により、双方の顧客に対して提供するサービスの価値を、大きく高めることが可能としている。