M&Aニュース検索

アルフレッサHD、子会社の九州エリア事業を統合 営業基盤強化へ

  • 4
  • 2016年3月3日

医薬品卸の持株会社であるアルフレッサホールディングス(以下「アルフレッサHD」)【2784】は、完全子会社であるティーエスアルフレッサの九州エリアにおける医療用医薬品等卸売事業をアルフレッサに譲渡すると発表した。

アルフレッサグループは、医療用医薬品等卸売事業における全国ネットワークの拡充を掲げ、その一環として九州エリアの営業基盤の強化を推進している。

今回、両完全子会社の九州エリアにおける医療用医薬品等卸売事業を統合することで、さらなる事業の強化を図る考え。