M&Aニュース検索

キャプチャ

UACJ、中国の合弁会社に追加出資 事業強化へ

  • 5
  • 2016年2月19日

アルミニウム圧延メーカーのUACJ【5741】は、広東東陽光科技控股股份有限公司(以下「東陽光」)および三井物産から、乳源東陽光精箔有限公司(以下「乳源」)に対する出資持分の一部を譲り受けることで、両社と合意したと発表した。

UACJは、東陽光の子会社であった乳源に対して、2010年に三井物産と共同で出資を行い、技術供与を行うことで、中国地域に自動車用熱交換器材の供給を進めてきた。今回の持分譲渡によって、UACJの乳源に対する出資比率は25%から49%になる。

さらに、東陽光と共同で新規に販売会社を上海に設立し、今後、中国市場に対して乳源の製品販売を進めていくことについても、東陽光との間で合意した。

今回の中国における事業強化に伴い、自動車用熱交換器材の製造拠点は、日本、タイ、欧州、中国の4拠点体制となり、UACJ製品をグローバルに供給できる体制が確立されることになる。