M&Aニュース検索

01

エア・ウォーター、連結子会社を吸収合併 事業拡大へ

  • 4
  • 2016年2月12日

産業ガス関連事業等のエア・ウォーター【4088】は、10日、平成28年4月1日(予定)を効力発生日として、100%出資の連結子会社である大同エアプロダクツ・エレクトロニクスを吸収合併すると発表した。

エア・ウォーターグループにおいて、大同エアプロダクツ・エレクトロニクスは、国内エレクトロニクス産業向けに特化したバルクガス事業及び特殊材料事業を行っている。

今回、同社が行う事業のうち、バルクガス事業をエア・ウォーターの子会社である国内各地の地域事業会社に移管し、一般産業向けの事業と統合することで、一層のサービス向上と効率化を図るとともに、同社の特殊材料事業をエア・ウォーターの産業カンパニーエレクトロニクス事業部に集約することで、海外も含めた事業展開を行うことを目的として本合併を行もの。