M&Aニュース検索

キトー、イタリアに子会社を設立しチェーン事業譲受け

  • 9
  • 2016年2月4日

機械メーカーのキトー【6409】は、平成28年2月1日付で、100%子会社であるKITO Chain Italiaを通じて、イタリアのWeissenfels Tech Chains(以下「Weissenfels社」)のチェーン及びチェーン関連製品事業の全部譲受を完了したと発表した。なおKITO Chain Italiaは、今回の事業譲受に先立って、平成28年1月14日付でイタリアに設立された。

キトーは、グループのチェーン事業強化の一環として、イタリアに100%子会社KITO Chain Italiaを設立し、同連結子会社を通じて、Weissenfels社の全ての事業、チェーン及びチェーン関連事業を取得した。今後はKITO Chain Italiaを通じて、Weissenfels社によって行われていた欧州事業を立て直すとともに、キトーグループにおけるチェーン及びチェーン関連製品の品 揃え拡充と拡販をはかる考え。

Weissenfels社は、チェーン製品の生産において500年にわたる歴史と実績を有し、この分野 において伝統のある会社であり、Weissenfels社の強固な生産体制、ノウハウ、経験豊富かつ優秀な社員が、欧州でもトップクラスのチェーン及びチェーン関連製品の事業の源泉となっている。

今後は、生産能力、新製品の開発力を機動的に活かした、グローバルな生産・ 供給体制を構築するとともに、グループの販売ネットワークを活用したシナジー効果を目指すとしている。