M&Aニュース検索

4967

小林製薬、グンゼから食品素材「紅麹」の研究・販売事業を譲受け

  • 6
  • 2016年2月1日

小林製薬【4967】は、グンゼより、食品素材「紅麹」に関する研究・販売事業を取得する旨の事業譲渡契約を締結し、事業譲渡を実施すると発表した。

小林製薬は、多様化する顧客ニーズに応えるべく積極的な製品開発を行っており、OTC医薬品をはじめとするヘルスケア領域をその重点領域の一角と位置づけて事業を展開している。なかでも食品分野においては、栄養補助食品の展開を中心に、食物繊維を簡単に摂取できる 「イージーファイバー」ブランドや、生活習慣が気になる方の健康茶「杜仲茶」ブランドを譲受するな ど、同分野の事業強化に継続して努めてきた。今回、更なる事業の発展を目指して検討を重ねた結果、グンゼより「紅麹」事業を譲り受けることとなったもの。

今回の事業取得により、従来の紅麹原料の製造・販売事業は継続するとともに、小林製薬が保有するマーケティング力、販売力、研究開発力を用いて、グンゼが蓄積してきた研究成果、製造技術の更なる活用と発展を図り、紅麹の多様な機能性を活かした先進的な製品の開発を推し進める考え。