M&Aニュース検索

新日鐵住金、日新製鋼を買収検討開始 競争力向上へ

  • 3
  • 2016年2月1日

大手鉄鋼メーカーの新日鐵住金【5401】および日新製鋼【5413】は、2017年3月を目途に新日鐵住金が日新製鋼を子会社化すること及びこれを前提に新日鐵住金が日新製鋼に鋼片を継続的に供給することについて検討を開始する旨の覚書を締結したと発表した。

両社は、今回の子会社化の実現により、各々がこれまでに培ってきた経営資源を持ち寄り、相乗効果を創出することで競争力を高め、新たに日新製鋼を加えた新日鐵住金グループとして『総合力世界No.1の鉄鋼メーカー』の地位を強化し、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図るとしている。

現在、鉄鋼業を取り巻く国内外の事業環境は極めて厳しく、日新製鋼は、国内薄板事業の重点化・強化策と呉製鉄所第2高炉休止を伴う鉄源工程の合理化策を検討するとともに、新日鐵住金に対し、継続的な鋼片供給についての検討を申し入れ、両社で協議した結果、この厳しい事業環境を乗り越え、競争力のある事業基盤を維持・構築するためには、各々の経営資源を持ち寄り、相乗効果を創出することが必要であるとの共通認識に至ったもの。

なお、日新製鋼は、新日鐵住金の子会社となった後も、上場を維持する予定。