M&Aニュース検索

松屋、子会社事業を新設会社へ承継 事業強化へ

  • 4
  • 2016年1月15日

百貨店を展開する松屋【8237】は、子会社である婚礼宴会事業を行うアターブル松屋がその事業を、新設会社であるアターブル松屋(以下「新アターブル松屋」)に承継させる会社分割を行うと発表した。

この分割により今後「現アターブル松屋」は、ゲストハウス型結婚式場「リュド・ヴィンテージ目白」の事業のみを行い、同社は松屋の完全子会社となる。

本件分割によって、「新アターブル松屋」は、婚礼宴会事業に特化・集中することで経営基盤確立、営業力強化による経営改善をはかる。「現アターブル松屋(リュド・ヴィンテージ目白)」については、松屋が完全子会社化することにより、ゲストハウス型結婚式場「リュド・ヴィンテージ目白」のブランド価値向上、営業力強化をはかる。