M&Aニュース検索

印刷事業のエヌユーエスなど2社、弁護士一任し自己破産申請へ

  • 5
  • 2016年1月12日

エヌユーエスは1月6日、破産手続きを野口敏郎弁護士(野口敏郎法律事務所)に一任した。

エヌユーエスは、昭和47年3月に設立。印刷事業を中心に展開し、偽造防止や不正コピー防止機能を持つ「セキュリティ印刷」のほか、各種ラベル印刷、請求書や給与明細の発行のBPOサービス事業などを手掛けていた。官公庁や大手企業などを営業基盤とし、平成25年3月期には売上高51億1025万円をあげていた。

25年10月、同社株式が新株主に譲渡され、実質的に新体制での経営に移行したが、26年3月期は売上高55億4,400万円に対して組織再編に伴う多額の損失などから6億9,600万円の最終赤字を計上し財務内容が悪化。不透明な資金操作なども指摘されるなかで27年12月には代表が交代するなどして動向が注目されていたが、28年1月に入り資金繰りが限界に達した。

なお、関連会社のエヌユーエス九州(熊本東区御領2-19-13、設立平成24年12月28日、資本金3,000万円、岡田泰司社長)も同時に破産手続きを一任。その他の関連会社については検討中としている。

東京商工リサーチによると負債総額は約20億円。