M&Aニュース検索

TTK、連結子会社を吸収合併 経営効率化へ

  • 3
  • 2015年12月24日

建設会社のTTK【1935】は、平成27年7月3日付開示資料「連結子会社の合併に関する基本合意書締結のお知らせ」のと おり、中央資材及び北通産と連結子会社である東北通産との3社の合併に向けて、準備を進めてきたが、今回、中央資材を吸収合併存続会社とし北通産及び東北通産を吸収合併消滅会社とする合併契約の締結について決議したと発表した。

TTKの連結子会社である東北通産は、東北を事業基盤として電気通信事業の物品に関わる営業・調達・配送を基本業務とし、徹底した効率を進め生産性向上につとめてきた。その結果、 東北の電気通信事業における資材調達において半世紀にわたり安定的に事業を展開してきたが、今後の電気通信業界は益々厳しい競争が想定されることから、東日本管内における3社の経営資源を集中し、更なる経営の効率化を図り強固な経営基盤を確立させると共に 民需領域へ積極的な営業を行い一般市場へ進出できる体制を構築していくとしている。