M&Aニュース検索

トヨタ自動車、Preferred Networksに資本参加へ

  • 3
  • 2015年12月18日

トヨタ自動車【7203】とPreferred Networks(以下、「PFN」)は、主にモビリティ事業分野におけるAI(人工知能)技術の共同研究・開発を進めることを目指し、トヨタがPFNに出資することで合意した。出資金額は10億円で、トヨタは、2015年12月30日付で、PFNが第三者割当増資により発行する株式を引き受ける。

PFNは、自然言語処理技術、機械学習技術分野で世界トップレベルの技術力を有するベンチャー企業Preferred Infrastructure社から、IoTにフォーカスしたリアルタイム機械学習技術のビジネス活用を目的にスピンオフし、2014年3月に設立された企業である。

トヨタは、自動運転をはじめとした、次世代のモビリティ社会の実現に向けた技術の研究開発に取り組んでおり、PFNが強みとする、機械学習やディープラーニングをはじめとしたAI分野での独自の高い技術力を活かして、次世代のモビリティ社会の実現はもとより、誰もが安心して安全・自由に暮らすことができる社会の実現を目指した新たな技術・商品・サービスの企画・開発を進める考え。

PFNは、最先端の機械学習、ディープラーニングの技術を、産業界に応用・展開しており、モビリティ事業分野においては、今回の出資を通じてトヨタとの連携を強化することを狙いとしている。