M&Aニュース検索

巨額年金資産消失事件のMARU(旧・AIJ投資顧問)破産開始決定 負債額は今年最大1313億円

  • 2
  • 2015年12月17日

平成24年2月24日、金融庁から1カ月間の業務停止命令と業務改善命令を受け、預かり資産の運用状況などの調査を受けていたMARU(旧・AIJ投資顧問)は12月16日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には坂井秀行弁護士(アンダーソン・毛利・友常法律事務所)が選任された。

MARUは平成25年5月にAIJ投資顧問(株)から社名変更しており、今年8月、債権者から破産を申し立てられていた。

東京商工リサーチによると、負債は、年金基金約1,850億円のうち1,000億円以上については返済できなくなっており、これを含めた総額は債権者6名に対して約1,313億円で今年最大規模となる。

インタビュアー:KSG シニアパートナー 寺崎 公彦