M&Aニュース検索

aplix

アプリックスIPHD、出版映像等事業を会社分割により新設会社へ承継 事業運営効率化へ

  • 2
  • 2015年12月16日

Iot事業等のアプリックスIPホールディングス(以下「アプリックスIPHD」)【3727】は、14日、グループの事業を構成するIoTソリューション事業、IoT半導体事業、IoT特許事業および出版映像等事業においてそれぞれ独立採算を目指す方針を定め、その方針の一貫として平成28年1月4日付(予定)にて、出版映像等事業を会社分割し、その事業を新たに設立する会社に承継すると発表した。

アプリックスIPHDグループでは、テクノロジー事業におけるIoTソリューション、IoT半導体、IoT特許の3つの事業と、出版映像等事業をあわせた4つの事業を収益の柱として事業を推進している。IoT関連事業分野においては、急速に拡大し続けているIoTグローバルマーケットに向けてアプリックスIPHDの技術を用いたIoT製品の実現とIoTソリューションの提供による売上の増大と利益の拡大に取り組んでいる。

一方、出版映像等事業は、フレックスコミックスのコミック事業と、ほるぷ出版の絵本・児童書事業で構成しており、堅実な刊行計画、増刷及びコストオペレーション等による収益性の改善策により、黒字化が見通せる状況となり、事業の収益が出版映像等事業の業績につながる状況となった。

同社グループでは、コミック事業の他、テクノロジー事業も存在するため、コミック事業の分社化により、事業の収益管理の強化と事業運営の効率化、意思決定の迅速化を図ることが最良であると判断したもの。