M&Aニュース検索

山陽特殊製鋼、メキシコに現地法人設立 素形材事業開始

  • 2
  • 2015年12月14日

特殊鋼製品製造販売の山陽特殊製鋼【5481】は、メキシコ合衆国において素形材製品の製造・販売を行う現地法人として「Sanyo Special Steel Manufacturing de Mexico, S.A. DE C.V.」を設立し、事業を開始すると発表した。

メキシコには日系および欧米系ベアリングメーカーが近年相次いで進出しており、中長期的にベアリング前工程の現地生産需要の拡大が期待される。

メキシコにおける鍛造-旋削一貫製造プロセスは、ベアリング用素形材分野の日系メーカーとして初めてとなる。会社規模は、同社の主力海外拠点である中国のNSSP(寧波山陽特殊鋼製品有限公司)と同等以上であり、太平洋を挟んだ巨大市場に素形材を供給できる体制が整備される。 また、メキシコへの進出を決定したことにより、素形材事業に関して、日本、中国、米国、インド、 タイ、メキシコの世界6極体制が整う。

インタビュアー:KSG シニアパートナー 寺崎 公彦