M&Aニュース検索

エステサロン経営のビューティ・ソリューションズ、破産開始決定

  • 3
  • 2015年12月10日

ビューティ・ソリューションズは12月2日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には澤田和也弁護士(馬場・澤田法律事務所)が選任された。

ビューティ・ソリューションズは、女性向けエステサロン「ハートアンドビューティ」や男性向けエステサロン「ジースタイル」などを運営。また、タレントの東原亜希氏プロデュースの骨盤ベルトの販売などで知名度を有し、口コミや積極的な広告宣伝により平成26年3月期の売上高は32億4955万円をあげていた。

しかし、新店舗の出店に伴う投資負担が重く、借入金への依存度が高まり経営に行き詰まり5月12日、東京地裁に民事再生法の適用を申請。その後、5月26日に「(1)代表取締役の地位をめぐって争いがあること、(2)金融業者よりビューティ社の民事再生手続きに異議があるとの申し入れが裁判所にあった。これを受けて裁判所から民事再生手続きの取り下げを勧告されることとなり、「株式買い戻しにより代表者が交代すれば、融資を行うとする企業がある」として民事再生手続きを取り下げていた。

しかし、その後も建物明渡訴訟が提訴されるなど信用性の低下が露見するなか、事業継続困難となり10月14日付けで事業を停止していた。

東京商工リサーチによると、負債総額は5月の民事再生法申請時点で約20億円。