M&Aニュース検索

サントリー食品、総合飲料サービス提供事業の子会社を設立

  • 4
  • 2015年12月10日

清涼飲料事業のサントリー食品インターナショナル(以下「サントリー食品」)【2587】は、新たに子会社としてサントリービバレッジソリューション(以下「新会社」)を設立すること、並びに、新会社において、2016年4月1日(予定)付で、サントリー食品の連結子会社であるサントリーフーズにおいて運営する自動販売機事業、ファウンテン事業及びウォーター事業(以下「総合飲料サービス提供事業」)の営業を開始すると発表した。

総合的な飲料サービスの提供を目的としてサントリーフーズが運営する総合飲料サービス提供事業を、会社分割の方法によって、新会社に承継させることにより、サントリー食品グループにおける当該事業に関する意思決定の迅速化、顧客の満足度の向上及び経営効率の向上を図るとしている。

また、戦略の一本化による顧客対応力・販売力を更に強化すると共に、新たな商品・サービスの開発により高い付加価値を顧客に提供することによって、サントリー食品グループにおける一層の顧客基盤の拡大を加速させる考え。