M&Aニュース検索

カネカ、セメダインを公開買付けにより連結子会社化 事業シナジー創出へ

  • 1
  • 2015年12月9日

化学メーカーのカネカ【4118】は、8日、セメダイン【4999】の普通株式を公開買付 けにより取得すると発表した。

カネカは、現在、東京証券取引所市場第二部に上場しているセメダインの株式4,445,000株(株式所有割合29.61%)を所有し、セメダインを持分法適用関連会社としているが、連結子会社化を目的として、本公開買付けを実施するもの。

カネカグループは、製造する変成シリコーンポリマー等をセメダイングループへの製品原料として供給しており、両社グループの協力関係形成に向け、段階的にセメダインの株式を取得してきた。今回、新製品の開発を主とした事業基盤のさらなる強化及びスピードアップを実現するためには、両社の経営資源を有効に活用して事業シナジーを創出することが必要であるとの認識で一致し、本公開買付けを通じて、資本業務提携関係を強化する。

公開買付け期間は、平成27年12月9日から平成28年1月13日。
普通株式3,212,000株を1株につき、576円で買い付ける予定。