M&Aニュース検索

efficient

ツネイシパートナーズ、新電力事業の電力小売事業の業務代行を行うエフィシエントに出資

  • 3
  • 2015年12月7日

投資事業のツネイシパートナーズは、新電力事業の電力小売事業の業務代行を行うエフィシエントに対して総額2千5百万円の出資を行うと発表した。

エフィシエントは、2016年4月からの電力小売り全面自由化に向け、新電力事業者のアウトソース(BPO)先として、スイッチング支援等の「営業支援業務」、電力事業固有の業務である「需給管理業務」、請求書作成等の「請求・決済業務」、並びにコールセンター等の「カスタマーサービス業務」の4つのサービスをワンストップで提供する事業を開始した。

2016年4月以降、現在の新電力事業者は、事業開始・継続の為には改めて小売電気事業者として登録申請が必要となり、その中では事業遂行の体制や需要家からの問い合わせ対応の体制についての説明も必須条件となっており、新電力事業への知見があるエフィシエントが提供する本サービスのニーズは、小規模事業者や電力業界への新規参入者等を中心に高まることが見込まれる。

今回の出資は、エフィシエントの新電力事業者へのアウトソース事業推進、需給管理等のシステム開発、電源の調達費用の為に実施するもの。エフィシエントは、新電力事業者の状況に適したBPOサービスを提供し、健全な電力市場の形成への貢献および常石グループ内の電力コスト削減への貢献を目指すとしている。