M&Aニュース検索

ワンダーコーポレーション、新星堂と合併で合意 エンターテイメント事業構築加速へ

  • 4
  • 2015年12月3日

エンタテインメント商品関連のワンダーコーポレーション【3344】と音楽映像関連商品販売の新星堂【7415】は合併契約を締結すると発表した。

ワンダーコーポレーションと新星堂は、平成24年に資本業務提携を行い、ワンダーコーポレーションは新星堂の第三者割当増資を引き受け、同社を連結子会社化している。

両社は、以前より経営資源の最適化、経営の効率化について継続的に議論を行っており合併による統合に向けての協議を重ねていた。今回両社が合併することにより、一体運営による合理化を通じて相乗効果の最大化を実現し、新たなエンターテイメント事業の構築に向けた取り組みを加速する考え。

合併は、ワンダーコーポレーションを存続会社、新星堂を吸収合併消滅会社とする吸収合併方式。