M&Aニュース検索

キャプチャ

日清食品、中国今麦郎グループとの合弁契約を解消 持分譲渡

  • 2
  • 2015年11月26日

食品グループ持株会社の日清食品ホールディングス【2897】の香港現地法人である日清食品有限公司(以下「香港日清」)は、26日、今麦郎日清食品有限公司、今麦郎食品有限公司及び河北今麦郎紙品有限公司(以下、各々「今麦郎日清」、「今麦郎食品」及び「今麦郎紙品」、総称して「今麦郎3社」)に関する合弁契約を解消し、また、香港日清が保有する今麦郎3社の持分を今麦郎グループの持株会社である今麦郎投資有限公司(以下「今麦郎投資」)に譲渡すると発表した。

香港日清は、日清食品グループの中国における事業強化・拡大を目的として、現地大手即席麺・製粉メーカーである河北華龍麺業集団有限公司(当時)への資本参加を含む合弁契約を、同社の親会社である河北今麦郎麺業有限公司と締結した。その後、今麦郎グループ内の資産再編を目的として新たに設立された今麦郎日清への出資を2012年に引き受けた。

一方、香港日清をはじめとする現地法人を通じた中国事業は、マーケティング戦略の充実や営業網の拡充などの様々な施策を通じて2014年12月期には売上高345億円に達し、今後も成長を目指している。

このような状況のなか、今後の事業展開のあり方に関して、日清食品グループ及び今麦郎グループ間で検討・協議を重ねた結果、各々が独立して事業を展開していくことが望ましいとの合意に至ったことから、両グループ間の合弁契約を解消し、香港日清が保有する今麦郎3社の持分を今麦郎投資に譲渡するに至ったもの。