M&Aニュース検索

キャプチャ

鴻池運輸、日鉄住金リサイクルを子会社化 環境リサイクル分野進出へ

  • 5
  • 2015年11月26日

総合物流会社の鴻池運輸【9025】は、25日、日鉄住金リサイクルの全株式を取得し子会社化すると発表した。

KONOIKEグループは現在、産業廃棄物から資源を取り出す、独自の「パーフェクトリサイクルシステム」を確立し、効率の良いリサイクル事業を展開している。今回、事業拡大の一環として、日鉄住金リサイクルの株式を取得し、新たな環境リサイクル分野への進出を目指す。

日鉄住金リサイクルは、自動車リサイクル法におけるASR(自動車破砕残渣)等の産業廃棄物および一般廃棄物のリサイクル処理を主たる事業としている。同社が保有するガス化溶融炉によるリサイクル処理技術は、分別リサイクルが困難な混合廃棄物のリサイクル処理に適しており、対象となる品目は、多岐にわたっている。

今回の株式取得により,KONOIKEグループが展開しているリサイクル事業と、日鉄住金リサイクルの高温処理技術に基づくリサイクル処理能力を融合させることで、より質の高い環境関連サービス事業を提供することが可能となるとしている。