M&Aニュース検索

電通、電通ヤング・アンドルビカムと電通ワンダーマンを合併

  • 27
  • 2015年11月26日

電通【4324】は、、国内直接出資子会社である電通ヤング・アンド・ルビカム(以下「DY&R」)と電通ワンダーマン(以下「DW」)の2社を2016年1月1日付で合併させ、社名を「電通ヤング・アン ド・ルビカム・ワンダーマン株式会社(予定)」に改称すると発表した。

DY&Rは、1981年11月に、電通と米国ヤング・アンド・ルビカム社(以下「Y&R」)との合弁会社として設立され、ブランド・エージェンシーとして活動してきた。また、DWは1985年3月に、電通とY&Rの合弁によるダイレクトマーケティング専門のエージェンシーとして設立され、CRM領域におけるビジネスを展開してきた。

両社はこれまでも、ブランド広告とリレーションシップマーケティングの融合を進めてきたが、今後経営の合理化とともに双方の事業基盤を生かした統合サービスの開発が必要であると判断したもの。

今回の合併により、ブランディングを中心とした統合コミュニケーションデザインとデータドリブンのサービスの競争力を高めるとともに、新たな価値の創造を推進していくとしている。