M&Aニュース検索

ブロッコリー、ハピネットと資本業務提携 事業拡大へ

  • 6
  • 2015年11月25日

コンテンツ企画制作のブロッコリー【2706】は、20日、ハピネットと資本業務提携を行うと発表した。

ブロッコリーは自社コンテンツ制作でのヒット創出及びハイリターンの追求と、他社ライセンスを受けたリアルグッズ及び自社コンテンツ・シナジー発のリアルグッズによる確実な収益確保を推進してきた。

ハピネットグループは、Eコマース・量販店・コンビニエンスストア・専門店などエンターテイメント業界に強い流通網を持ち、主力の玩具事業においてメーカー各社と積極的な取り組みを行っている玩具中間流通の最大手。また、映像音楽事業・ビデオゲーム事業においても幅広い販売網とローコストオペレーションを駆使してメーカー各社と強固な関係を築いている流通大手であるとともに、ブロッコリーが制作するビデオゲームの一次卸でもある。

ブロッコリーは、第三者割当増資の資金調達により、新たなコンテンツ開発を行い、アニメ・ゲーム・カードゲーム・CD・グッズ・フィギュア・周辺サプライ等を順次リリースしていくマルチメディア展開を行うとともに、その展開をより確実かつ迅速に行うため、ハピネット社との間で資本業務提携を行い、より強固な関係を築くに至った。

両社は、それぞれの事業プラットフォームやノウハウを相互に活用することで、両社ともに新たな事業展開を進めるとしている。