M&Aニュース検索

キャプチャ

オンキヨー、台湾のオーディオ機器製造会社と資本・業務提携 生産体制強化へ

  • 3
  • 2015年11月17日

AV事業等のオンキヨー【6628】は、16日、台湾ZyluxAcousticCorporation(以下「ザイラックス」)とオンキヨーの連結子会社であるオンキヨー&パイオニア(以下「OPC」)との3社間で、ザイラックスが実施する第三者割当増資を引受けることおよび、OPCが保有するOnkyoAsiaElectronicsSDN.BHD.(以下「OAE」)の株式の一部をザイラックスに譲渡することを含んだ、資本・業務提携契約を締結すると発表した。

平成27年2月2日付「資本・業務提携に関する基本合意のお知らせ」で公表していたもので、ザイラックスは、マレーシアに所在するオンキヨーグループのAV機器の生産拠点であるOAEと、台湾で設立され30年以上にわたって幅広いAV機器のOEM生産において高い実績を誇っている。

両社で業務提携内容および協業にともなう最適な資本政策等について協議を重ね、ザイラックスが実施する第三者割当増資による新株式の全数をオンキヨーが引受けることおよびOPCが所有するOAE株式の一部をザイラックスに譲渡することを含む資本・業務提携契約を、3社間で締結した。

これにより、オンキヨーグループの音響技術とザイラックスの生産能力を最大限に活用して品質向上や生産における効率化などを目的とした生産体制の強化を図り、コスト競争力の向上に向けた戦略的取組を行い、生産拡大による稼働率の向上、業績向上を図る考え。