M&Aニュース検索

健康コーポレーションとRIZAP 、ソフトバンクと新サービス共同開発合意

  • 2
  • 2015年11月16日

事業持株会社の健康コーポレーション【2928】及び子会社であるRIZAPは、ソフトバンク【9434】と、IT・通信およびヘルスケア領域を中心とする分野において新たなビジネスモデルを創造する協業体制を構築することについて合意したと発表した。

健康コーポレーションは、「どろあわわ」、「エステナード」、「ひとてまい」など、美容・健康に関する多くのヒット商品を開発・販売しており、また、パーソナルトレーニングジムを運営するRIZAPでは、4.1万人を超える顧客持つ。今回の合意は、RIZAPが持つ運動指導・栄養指導などのノウハウおよび健康コーポレーションが有するマーケティング力とソフトバンクのIT・通信技術とを組み合わせることで、より人々の健康増進に貢献していくことを目的に締結に至ったもの。

今後は3社それぞれが展開する事業を活用した「ヘルスケア・プラットフォーム」を開発し、「IT・通信技術を活用し遠隔でも受けられるRIZAPのサービス」や「ヘルスケア関連デバイスの共同開発と活用」、「ヘルスケアビッグデータの解析・活用」のさまざまなヘルスケアサービスの提供を目指す。