M&Aニュース検索

VOYAGE GROUP、連結子会社2社を合併 経営効率化へ

  • 4
  • 2015年11月12日

アドテクノロジー・メディア事業などを運営するVOYAGE GROUP【3688】は12日、連結子会社であるfluctを吸収合併存続会社、同じく連結子会社であるKauliを吸収合併消滅会社とする、吸収合併を行うと発表した。

VOYAGE GROUPは、インターネット領域において様々な事業開発を進め、広告配信プラットフォームを運営するアドテクノロジー事業と、ポイントサイト「ECナビ」等のオンラインメディアを運営するメディア事業の2つを主力事業として展開している。

アドテクノロジー事業において、fluct社は、媒体社にとっての広告収益最大化の支援に取り組み、現在では7,000以上のメディアを支援している。平成27年4月にデータマイニングに強みを持った独立系SSPを提供するKauli社を連結子会社化し、国内SSP市場におけるナンバーワンのポジションを確固たるものとしてきた。

今後、fluct社及びKauli社の両子会社が有する経営資源等を集約・融合し、より一体的かつ効果的に事業展開していくことが、さらなる事業の発展や顧客満足の向上に繋がると判断し、合併を実施するもの。