M&Aニュース検索

3196

ホットランド、合弁会社設立 スイーツ&カフェ事業強化へ

  • 9
  • 2015年11月11日

たこ焼チェーン「築地銀だこ」などを運営するホットランド【3196】は、サンセリーテとの間で、ホットランドのグループ事業の一つである「スイーツ&カフェ事業」の強化、スイーツ等の小売及び卸販売並びにスイーツを中心としたパティシエ風の創作料理等を提供する店舗の運営を目的とした合弁会社を設立すると発表した。

ホットランドは、「築地銀だこ」、たい焼「銀のあん」のほか、アイス クリーム「COLD STONE CREAMERY」、コーヒー「The Coffee Bean & Tea Leaf」をはじめ多数のフードブランドを展開している。

今回、ホットランドは更なるスイーツ&カフェ事業基盤を構築する為に、スイーツ等の製造小売及び卸売販売等に関わる幅広い見識や経験を有している鎧塚 俊彦氏(以下「鎧塚氏」という)が代表取締役社長であるサンセリーテとの間で合弁会社を設立するもの。

鎧塚氏は、恵比寿などに2店舗を構える「Toshi Yoroizuka」(トシ・ヨロイヅカ)のオーナーシェフであり、ヨーロッパでの8年の修行中、2000年にパリで行われた“INTERSUC 2000”で優勝し、この年、日本人で初めて三ツ星レストランのシェフパティシエとなっている。

ホットランドグループは、スイーツを中心としたフードビジネスに関わる様々なノウハウをサンセリーテと共有し、今後の事業拡大に取り組むとともに、相互の企業価値向上を図るとしている。