M&Aニュース検索

福助、連結子会社2社を吸収合併 グループ機能最大化へ

  • 3
  • 2015年11月10日

総合商社の豊田通商【8015】は、100%出資連結子会社である福助が、2015年12月1日付にて、福助の連結子会社であるKBフクスケおよびユニチカバークシャーを吸収合併すると発表した。

福助グループは、レッグウエア・インナーウエアの製造・販売を事業領域とし、自社ブランド製品からOEM製品まで幅広く取り扱っており、数々の有名ブランドの商品も製造・販売している。

福助グループは、グループ各社が持つ強みの最大化を図るため、福助、KBフクスケ、ユニチカバークシャーの3社を合併するもの。

今後は、「福助」の伝統と品質のブランド力、「KBフクスケ」の機動性のある営業力と企画提案力、高級レッグウエアおよび医療分野向けの機能製品を展開する「ユニチカバークシャー」の国内有数の生産技術力を、新生福助として一体化し最大限に生かすことにより、高度化する世界の顧客要望に応えるサービスと製品を提供していくとしている。