M&Aニュース検索

ブイキューブ、システム・テクノロジー・アイに対する公開買付け及び資本業務提携

  • 2
  • 2015年11月9日

ビジュアルコミュニケーションサービスのブイキューブ【3681】は、システム・テクノロジー・アイ【2345】の普通株式並びに第6回新株予約権を公開買付けにより取得すること、及びシステム・テクノロジー・アイとの間で資本業務提携を行うことを決議したと発表した。

ブイキューブは、システム・テクノロジー・アイを連結子会社とすることを目的として、今回の公開買付けを行うもので、システム・テクノロジー・アイも賛同の意見を表明している。

ブイキューブは、主に企業・教育機関・官公庁などに向けて、クラウド型を中心としたビジュアルコミュニケーションサービスの提供を行っている。ブイキューブの提供するビジュアルコミュニケーションサービスでは、ユーザーのPCあるいはスマートフォン、タブレット端末等のモバイル端末から、インターネットを通じて、遠くの相手とお互いの顔や資料を共有しながら遠隔会議を行うWeb会議サービス、あるいはオンラインセミナーなどに代表される、文字や音声だけでなく、映像も含めたコミュニケーションサービスを提供している。一方、システム・テクノロジー・アイは、「学習管理システム事業」、「研修教材事業」、「研修サービス事業」の三つの事業を柱に、日本国内の教育関連市場において情報通信技術を活用したサービスを提供している。

システム・テクノロジー・アイの既存顧客には大手金融機関を含む数多くの大手企業が名を連ねており、これらの顧客にブイキューブのサービスを展開することで顧客需要の活性化を図り、ブイキューブの売上のみならずシステム・テクノロジー・アイの売上への貢献をも実現するとしており、業務提携を通じて、両社の経営基盤の強化、事業ノウハウ、経営資源等の有効活用が可能になり、今回の公開買付けが今後のシステム・テクノロジー・アイの更なる成長・発展と企業価値・株主価値の一層の向上に資するとし、公開買付けの実施と資本業務提携を締結するに至ったもの。

買付け等の価格は、株式1株につき744円。新株予約権1個(新株予約権の目的となる株式の数100株)につき、1 円としている。