M&Aニュース検索

リンクアンドモチベーション、ブルーウォールジャパンへ出資

  • 29
  • 2015年11月5日

経営コンサルティングのリンクアンドモチベーション【2170】は、ソーシャル・サービス・カンパニーのブルーウォールジャパンの第三者割当増資を引き受け、出資が完了したと発表した。

ブルーウォールジャパンは2012年に創業し、今回、企業向け資金ニーズにも応えるべく、ソーシャルレンディング事業を今年の12月から展開する。ソーシャルレンディング事業は、現在、アメリカ・日本で爆発的に伸びている最先端FINTECH事業であり、日本でも低金利時代を反映して急速に運用口座数、融資実行金額が広まりつつある。

リンクアンドモチベーションは、2000年に誕生した、世界初の「モチベーション」を切り口としたコンサルティング会社で、基幹技術である「モチベーションエンジニアリング」は、経営学、社会システム論、行動経済学、心理学などの学術的成果を統合して生み出された技術としてる。企業の競争優位が「事業戦略」から「人事戦略」へ移行していく今の時代の中で、リンクアンドモチベーションは「従業員のモチベーション」にフォーカスした「モチベーションエンジニアリング」によって、ベンチャー企業から大手企業に至るまで、採用支援・人材育成・風土変革等、様々な企業変革の支援を行っている。