M&Aニュース検索

ゲオホールディングス、TOBで自己株式取得へ

  • 6
  • 2015年11月4日

ゲオグループの持株会社であるゲオホールディングス【2681】(以下「ゲオHD」)は、自己株式の公開買付け(TOB)を行うと発表した。

今回の公開買付けは、ゲオHDが城蔵屋に対し、保有する普通株式の一部をゲオHDへの売却を打診し、検討の結果、城蔵屋は保有する普通株式の一部である4,500,000株(保有割合にして8.22%)について応じるもの。城蔵屋は、ゲオHD代表取締役社長である遠藤結臓氏の資産管理会社であり、遠藤結臓氏は、城蔵屋の代表取締役を兼務している。

買付け等の価格は、普通株式1株につき金1,650円。買付期間は、11月4日~12月2日まで。買付予定数の上限は4,600,1000株で、取得価額の総額は約75億9千万円となる。