M&Aニュース検索

藤田観光、グループ組織再編を実施 業務の効率化を進める

  • 5
  • 2015年11月4日

ホテルや結婚式、レジャー事業をおこなう藤田観光【9722】は、藤田観光及び完全子会社を当事者とするグループ組織再編を実施すると発表した。

藤田観光は、今後、沖縄ならびに京都へのWHG事業の新規出店を予定しており、「中国・四国・九州・沖縄エリアを含む西日本エリア」ならびに、「京都・大阪を中心とした関西エリア」における既存事業所を含めた事業所を統合し、一体運営する。今回の再編により人材の流動化、雇用の確保に加え、さらなる業務の効率化を進める方針。

具体的には、西日本エリアでは、キャナルシティ・福岡ワシントンホテル(藤田観光の100%子会社)を吸収合併存続会社、長崎ワシントンホテルサービス(藤田観光の100%子会社)を吸収合併消滅会社とする「吸収合併」を行うと同時に、キャナルシティ・福岡ワシントンホテルを吸収分割承継会社、 藤田観光を吸収分割会社として藤田観光の広島ワシントンホテル事業を対象とする「吸収分割」を行い、3 つのホテルを統合・一体運営する。なお、本統合後の会社の法人名はWHG西日本とする。

一方、関西エリアでは、藤田ホテルマネジメント(藤田観光の100%子会社)を事業譲渡承継会社、関西エアポートワシントンホテル(藤田観光の100%子会社)を事業譲渡会社とする「事業譲渡」 を行い、2 つのホテルを統合・一体運営する。なお、本統合後の会社の法人名はWHG関西とする。