M&Aニュース検索

日本郵船、ベトナムの現地法人を100%子会社化 サービス拡充へ

  • 2
  • 2015年10月30日

大手海運会社の日本郵船【9101】は、28日、ベトナムの現地法人エヌワイケイ・ライン・ベトナム社を100%子会社としたと発表した。

エヌワイケイ・ライン・ベトナム社はボサ・グループ・オブ・カンパニー社(以下「ボサ社」)との合弁(日本郵船51%、ボサ社49%)で2006年10月24日に設立した海運代理店であったが、日本郵船がボサ社保有の全株式を取得後、政府当局の認可を得たことで、日本郵船100%子会社となったもの。

日本郵船グループは、100%子会社となったエヌワイケイ・ライン・ベトナム社を通じ、顧客に対して臨機応変に対応することで、サービスの拡充を図っていくとしている。