M&Aニュース検索

アマナ、子会社2社を合併 商材開発加速へ

  • 7
  • 2015年10月30日

デジタル商材開発のアマナ【2402】は、29日、連結子会社であるアイデンティファイと連結孫会社であるライジンの間で吸収合併を行うと発表した。

アマナグループでは、成長戦略の重要テーマのひとつであるデジタル商材の開発を加速し、新たな商材開発を進めてきたが、更なる商材開発を加速させるため、アイデンティファイが持つ表現技術、企画力、ネットワーク等を同じデジタル領域で商材開発を行っているライジンと融合し、収益化に時間がかかる商材開発を、安定的な環境で開発できるよう整えるもの。

これにより、アマナグループは、経営資源を有効活用した商材開発の加速と収益性の改善を図る考え。

合併の方法は、ライジンを存続会社として、アイデンティファイを吸収合併する。アイデンティファイは現在アマナの連結子会社だが、合併期日までにスタジオアマナが全株式を取得し、子会社化する予定。