M&Aニュース検索

キッツ、ブラジルのバルブメーカーを買収 海外事業展開に弾み

  • 10
  • 2015年10月19日

総合バルブメーカーのキッツ【6498】は、ブラジルのバルブメーカーMetalúrgica Golden Arts(以下「MGA社」)の100%持分について、現所有者である創業者・共同経営者と持分譲受につき合意し、2015年10月16日に契約を締結したと発表した。

キッツグループは、長期経営計画に基づき、海外における事業拡大に取り組んでいる。特に拡大する新興国市場については、中国及びインドなどにおいて着実に布石を打ってきた。MGA社は、南米のGDP及び人口の約50%を占めるブラジルの現地資本メーカーで、今回、MGA社を子会社化することにより、キッツグループとしては、南米の主要市場であるブラジルにおいて新たに開発、生産、販売拠点を獲得することとなる。

MGA社は、工業用ボールバルブの専業メーカーであり、 キッツ同様、素材から完成品までの一貫生産体制を特色としている。また、高い技術力と高品質の製品により、該当分野のシェアは20%を超えており、さらには、充実したブラジル国内の販売ネットワークを強みとしてブラジル全土をカバーしており、厳しい経済環境の中でも着実に業績を伸ばしている。

今回、MGA社を子会社化し、キッツとMGA社の生産技術とを融合させることにより、ブラジル市場及び南米市場に適応した製品開発、生産を加速させることが可能となる。また、キッツの製品ラインナップの現地への投入または現地生産により、幅広いラインナップで現地のニーズに応えられるとし、キッツグループにとって、南米市場に拠点を持つことは非常に大きな意義があり、今後のさらなる海外事業展開に弾みをつけるとしている。