M&Aニュース検索

三菱電機、ポーランドのメドコム社へ資本参加 欧州での交通システム事業を強化

  • 6
  • 2015年10月19日

総合電機メーカーの三菱電機【6503】は、ポーランドの鉄道車両用電機品メーカーであるMEDCOM Sp. Z.o.o.(以下「メドコム社」)の持分49%を取得する契約を締結したと発表した。

メドコム社は、東欧圏を中心に鉄道車両用補助電源装置・推進制御装置等の製造・販売・保守を展開しており、特に、ポーランド国内では高い市場シェアを獲得しており、高度なパワーエレクトロニクス技術と高い信頼性を持ち、小型・軽量化に優れた製品の生産を手掛けている。

三菱電機は、今回、メドコム社への資本参加による協業強化により、メドコム社の先端技術と三菱電機の SiCパワー半導体を含む先端技術の融合による製品競争力強化と、双方の販路を活用することで欧州での市場拡大を図る。

また、三菱電機は、欧州市場での交通システム事業の一層の強化を図ることで、2020年度までに欧州市場での売上高200億円を目指すとしている。