M&Aニュース検索

紀陽銀行など、ファンドを通じて加太まちづくりに資本参加

  • 5
  • 2015年10月13日

紀陽銀行、きのくに信用金庫、新宮信用金庫、及び紀陽リース・キャピタルが地域経済活性化支援機構と連携して組成した「わかやま地域活性化投資事業有限責任組合(愛称:わかやま地域活性化ファンド)」は、「加太まちづくり株式会社」に対し、第1号案件として投資することを決定したと発表した。

今回の出資は、和歌山県内でも有数の地域資源を有する和歌山市加太地区で設立された加太まちづくりが地域資源を有効活用した持続可能な地域づくりを行うことへの資金的、人的支援を目的とするもの。

わかやま地域活性化ファンドからの出資により経営基盤の強化が見込まれることに加え、紀陽銀行及びファンドに参画する各社のノウハウやネットワークを結集した人的支援を行うことで、事業拡大と加太地域の活性化に取組む考え。

わかやま地域活性化ファンドでは、今後も、地域活性化に取組む事業体への出資および人的支援を通じて、政府が推し進める「地方創生」における、地域経済の活性化や雇用創出に繋がる取組を積極的に支援していくとしている。