M&Aニュース検索

パス、新東通信と業務提携並びに子会社の第三者割当による新株発行

  • 2
  • 2015年10月7日

先端技術のビジネス化に特化したビジネスコンサルティングおよび技術コンサルティングを行うパス【3840】は、新東通信との業務提携を行うこと、並びに連結子会社であるPATHマーケットが、新東通信を引き受け先とし、第三者割当による新株式発行を行うと発表した。

これにより、PATHマーケットの株主及び持株比率は、パスが3,500株の63.6%、新東通信が2,000株の36.4%となり、PATHマーケットは引き続きパスの連結子会社となる。

今回の業務提携により、パスはメディア事業が所有する「DRESS部活」というコミュニティ及び「DRESS」というメディア媒体の機能を活用し、新東通信は自社の通信販売機能及びクラウドファンディング機能を活用した事業を、両社の合弁会社となるPATHマーケットを母体とし、事業を展開させる考え。

具体的には、自立した働く女性をターゲットに雑誌媒体、Web媒体双方で展開する「DRESS」や「DRESS部活」を中心に、会員の趣味・趣向が色濃く反映された商品が集まったオンラインショッピングモール「DRESS MARKET(仮称)」を Goodsieの仕組を活用し展開する予定で、事業者の出店のみならず、部員自らも出店者として参画が可能な仕組みを構築する。

また、新東通信の持つクラウドファンディングの機能の活用により、部員のコミュニティ活動やイベント開催時における会費等徴収のシステムインフラ、部員による新商品の開発、さらには部員の自立・起業支援を行う「DRESS FUND(仮称)」を立ち上げ、コミュニティ活動を活性化する仕組みの提供を行うとしている。