M&Aニュース検索

ハマキョウレックス、千葉三港運輸を子会社化 物流センター事業を強化

  • 4
  • 2015年10月7日

物流業者のハマキョウレックス【9037】は、日本コークス工業の子会社である千葉三港運輸の発行済株式の100%の取得に関し株式譲渡契約を締結したと発表した。

ハマキョウレックスグループは、アパレル・食品・医薬品などを中心に、物流センター事業(3PL事業)、貨物自動車運送業を主に展開しており、「3PL事業を軸とする事業展開」、「3PL事業とグループ会社の融合」、「新規顧客獲得に向けた取組み」を掲げ、物流センター事業を中心に、物流業務の発展及び拡大を進めている。

今回、これまで千葉県を拠点とし、近隣の大手化学企業を中心に、石油化学製品の保管・管理並びに、運送などの物流サービスを手掛けている千葉三港運輸を傘下に収め、千葉三港運輸がこれまで培ってきたノウハウを組み合わせ、千葉三港運輸の利用者にも更に付加価値の高い物流サービスの提供を目指すもの。