M&Aニュース検索

ティー・ワイ・オー、ジャパン・ブランドのプラットフォームの創造を目指すENGAWへ出資

  • 4
  • 2015年9月26日

TVCM・WEB等すべての広告コンテンツの戦略企画制作を手掛けるティー・ワイ・オー【4358】は、サニーサイドアップ【2180】のスピンオフベンチャー企業である新会社のENGAWAが実施する第三者割当増資を引き受けると発表した。

ENGAWAは、世界の注目が日本に集まり活況に沸くことが期待される2020年の消費市場において消費喚起の中心的役割を果たすジャパン・ブランドの確立を目指す事業、及びそのテーマから派生する複数の事業を統括する会社として設立される。ENGAWAは、「おもてなし」という日本独自の想客精神にもとづく高いジャパンクオリティを備えた商品・サービスを日本全国から発掘して認定し、プログラム広報から国内外販路開拓までを支援するプロジェクト「OMOTENASHI SELECTION」の継続実施が決定している。また、インバウンド向けサービスを始め、外国人をターゲットとしたマーケティングソリューションの充実を目指した新規事業の開発も行うことから、更なる収益の伸長を目指す。

新会社設立に当たり、OMOTENASHIをコンセプトに2020年に向けたジャパン・ブランドのプラットフォームの創造を目的とした新会社のビジョンに賛同し、今回出資するに至った。

■ENGAWA株式会社
資本金 :1,000万円
設立日 :平成27年11月を予定