M&Aニュース検索

東芝、不動産開発の関係会社の株式の一部を野村不動産HDへ売却

  • 2
  • 2015年9月24日

大手総合電機メーカーの東芝【6502】は、保有するNREG東芝不動産の株式の一部を、現在の提携パートナーである野村不動産ホールディングス(以下「野村不動産HD」)に売却すると発表した。売却日は9月30日を予定しており、売却額は約370億円。

東芝は、キャッシュフローを基軸とした経営を推進しており、グループの資産効率及び財務体質の改善を目的として売却を行うに至った。

今回売却するのは、発行済株式総数の30%の63,200株。売却による保有割合は、野村不動産HDが95%、東芝は5%を保持し、野村不動産HDとの不動産分野における提携関係を継続させる。