M&Aニュース検索

8031

住友林業と三井物産、中国の住宅内装事業会社へ資本参加 

  • 3
  • 2015年9月17日

住宅メーカーの住友林業【1911】と総合商社の三井物産【8031】は、中国の北京金隅股份有限公司(以下「金隅股份」)傘下である北京金隅装飾工程有限公司(以下「金隅装飾」)の第三者割当増資を引受けて出資参画したと発表した。
増資後の金隅装飾の出資比率は、金隅股份の100%子会社である北京金隅商貿有限公司51%、住友林業29%、三井物産20%となる。

中国では、不動産価格の高騰により、都市部を中心に一戸当たりの面積が減少傾向にあり、作り付けの収納家具など省スペース化のニーズが高まりを見せている。また、政府も内装付き住宅を推進しており、環境問題や健康意識への高まりによりホルムアルデヒド対策などを施した住宅への関心が強まっている。そうした中、中国では日本と同様に内装付き住宅の供給が増加傾向にあり、住友林業と三井物産は、長年にわたって蓄積してきた日本式の内装設計・施工技術やノウハウなどを金隅装飾に導入し、本事業を通じて省スペース化を実現した住宅、快適で安心・安全な住宅の中国での普及や、中国の住宅周りの新規ビジネスの創造に取り組む。

金隅股份は総合建材企業として住宅設備機器、家具、セメント等の製造・販売や、不動産開発・運営等の事業を幅広く展開しており、また、金隅装飾は、オフィス・商業施設等の内装を中心に手掛けているが、住友林業と三井物産の出資参画により、住宅内装を主力事業に育てるべく注力する方針。