M&Aニュース検索

キャプチャ

ビリングシステム、ロイヤリティマーケティングの一部事業を承継 新規ビジネス強化へ

  • 5
  • 2015年9月11日

決済事業関連のビリングシステム【3623】は、11日、共通ポイントサービス「Ponta」を運営するロイヤリティマーケティング(以下「LM社」)の会社分割(新設分割)により、LM社のECサイト運営事業者向けクレジットカード決済代行事業を承継する新設会社の全株式を取得し、子会社化すると発表した。

LM社では、国内最大級の7,162万会員、全国106ブランド、約23,700店舗で利用できる共通ポイントサービス「Ponta」を運営し、多様なデータを活かした企業の各種マーケティング支援を行っている。 LM社がそれらのマーケティング支援事業と併行して平成23年7月より運営してきた、クレジット カード決済代行事業「クイックコレクションサービス」(以下「QCS事業」)を分社化し、QCS事業を承継する新設会社の全株式を取得することにより子会社化するもの。

LM社は、決済関連サービス全般を専門とするビリングシステムに QCS事業を承継するとともに、当該QCS事業の取引先に対するサービス提供を継続、推進する。 また、LM社は、主力事業であるポイント事業、マーケティング事業とQCS事業との相乗効果を高めるため、 両社間で、業務提携を含め検討を進める。

ビリングシステムは、今回の事業承継により、当該事業の取引先約700社に対し、LM社単独では提供が難しかったクレジットカード決済以外の決済手段、関連サービスの提供機会を獲得できることに加え、スマートフォン決済ビジネス、決済データとマーケティングデータの融合によ る新規ビジネス領域の展開を強化、促進する。