M&Aニュース検索

「赤坂ラーメン」のストロングサトウ、破産手続き開始決定

  • 9
  • 2015年9月9日

ストロングサトウと関連会社のエスニックフーズは9月2日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には岩崎文裕弁護士(米川総合法律事務所)が選任された。

ストロングサトウは昭和56年1月に個人事業として赤坂で始めた屋台ラーメンが前身で、「赤坂ラーメン」の屋号で事業を展開していた。行列ができる店として知られ、代表者自身もテレビ東京系で放映されていた「TVチャンピオン」のラーメン職人選手権に出演するなどして、平成17年9月期には売上高約2億円をあげていた。

しかし、他店との競合激化でで売上が減少し、23年9月期には売上高約8000万円に落ち込み、その後も減収に歯止めがかからず今回の措置となった。エスニックフーズは関連会社としてストロングサトウに連鎖したもの。

なお、現在の赤坂ラーメンは別会社が経営しており、現在も通常通り営業している。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債は現在調査中。