M&Aニュース検索

三菱電機、イタリアの業務用空調事業会社の株式取得 欧州での事業拡大へ

  • 1
  • 2015年8月25日

三菱電機【6503】は、25日、イタリアの業務用空調事業会社であるDeLclima S.p.A.(以下「デルクリマ社」)の発行済み株式の約 74.97%を取得することについての株式譲渡契約を、De’Longhi Industrial S.A.(以下「デロンギインダストリアル社」)と締結したと発表した。今回の株式取得およびその後の公開買い付けによる取得価格総額は、一株当たりの買い付け価格を4.44ユーロとして、約664百万ユーロ(約902億円)となる予定。

本件株式取得後、三菱電機はイタリアの法令およびイタリア国家証券委員会(以下「CONSOB」)の規則に基づき、デルクリマ社の残る発行済み株式の約25.03%の公開買い付けを実施し、デルクリマ社の発行済み株式を100%取得することを目指す。

三菱電機は、これまで欧州市場で、ルームエアコン、パッケージエアコン、ビル用マルチエアコンを中心に事業拡大をしてきたが、欧州市場における継続的な成長実現と市場プレゼンス強化のため、デルクリマ社を買収することにより、事業領域を拡大す るとともに、今後さらに重要となる環境規制(F-GAS 規制)にも対応する。

両社は、シナジー効果を出すことによってさらなる競争力の向上を図り、事業拡大を図る考え。